北の冬の過ごし方、寒さには強くないけれど。

寒いですね。寒波が来ているそうで、明日も同じくらい寒いのですって。寒さに弱いです。風にも弱いです。北に住む人は寒さに強いと思われがちですが、家の中は関東圏より暖かいので、案外弱いのです。玄関や窓も二重だし、家の造りもしっかりしているところが多いです。外に出るのも防寒が中途半端ではないので、寒いというか冷たい痛いという感じですが、車の移動も多いので、なんとかやっています。住めば都とは少し違いますが、それなりに適応していくものです。カイロは必須ですかね。夏は夏で8月が一番暑かった記憶がありますが、からっとしていて、太陽の日差しが強いです。湿気がない分、私にとってはそれがキツかったです。雪の上を歩くコツとかもあるんですよ。滑らないコツが。スパイクのついた靴を履かなくても、スニーカーで過ごす人もいますし、歩くスキーで通行する人もみたことかあります。ミカンを雪の中に埋めておいて、翌朝自然の冷凍みかんにして食べたことも何回もあります。無痛脱毛

芸能人は憧れの職業でもあるが実際には厳しい立場

若い頃、誰しも一度は華やかな芸能人の姿をテレビで見て憧れを抱いたことはあると思います。私自身もその一人で、実際に芸能人になりたいという夢を持っていた時期もありました。
今、ある程度の年齢になり、これほど気を使い厳しい職業もないのではないかと思っています。
その理由の1つとして、芸能という世界で生き残ることの難しさを感じます。流行の変化が激しく、視聴者のニーズも多様化している昨今では、どんなにブレークした芸能人でも波に乗り切れないとブラウン管から姿を消してしまいます。しだいに私達の記憶からも消えてしまいます。長年、芸能の世界で活躍している人は、時代のニーズを敏感に捉える能力と芸能界という一般社会とは異なった人脈の中での対応力に優れた人だと思います。
その努力は並大抵ではありません。
もう1つの理由として、プライベートに関する問題が挙げられます。一般人であればさほど多きな問題にならないことでも、芸能人にとっては仕事を失うくらいの大問題になってしまうケースが多くあります。
そういった点から、気の休まる暇がないタフな職業だと思います。http://www.ropro.co/hadaniyasashii.html