体を温めるために生姜を活用していきましょう

寒くなると手足が冷えて血液循環が鈍り、基礎代謝が低下します。
冷え性対策には「生姜」が効果的であり、練り生姜や粉末生姜を適量スープに加えるだけでも、発汗を促して体を温めてくれる作用があります。

市場でよく目にする生姜は、いくつかあります。
まず、茶色い皮に覆われて繊維質が豊富な香りと辛味が強い「ヒネショウガ」と呼ばれる品種は、1年中出回っています。
次に、「新生姜」は皮が白くツヤがありふっくらしていて、茎の切り口が赤味を帯びて綺麗なのが特徴です。
ハウス栽培では6月〜8月、畑栽培だと9月〜10月に収穫が行われます。
そして、葉付きのまま販売される「葉生姜」は、甘酢漬けなどに使用されることが多いです。
最後に、「ジンゲロール」と呼ばれる生姜独特の辛味成分の含有量が多く、少々高価な「金時生姜」もあります。

生姜を約10g摂取すると、体内のエネルギー消費率が約3時間にわたって向上し、体温も上昇し易くなるので、風邪や冷え性の改善が期待できます。
普段、体の冷えにお悩みの方は、生姜を活用してみて下さい。https://www.madewithsoul.net/