不自由しない老後を送るためには、現役時代から老後計画を

最近、老後破産と言う言葉を耳にする機会が増えました。

20歳から60歳までの40年間、未納なく国民年金保険料を納めた場合、65歳から老齢基礎年金を満額需給できます。

国民年金保険料の納付期間が10年未満の場合、年金は一切受給できません。

65歳以上の人を一般的に高齢者と呼び、老後とは定年退職後、準備した資金を使い生活し始めた時点から始まります。

総務省の家計調査データによると、夫婦2人暮らしの場合、最低限必要な生活費は月平均22,3万円。

標準的な生活を送るには、月平均27,2万円必要で、ゆとりのある生活を送るには月平均36,6万円必要と算出しています。

これは健康に暮らしている世帯の平均生活費であり、病気や介護が必要な世帯は当然支出が増えます。

夫婦2人世帯の平均年金収入は258万円、平均年間支出は327万円です。

年69万円の赤字になっていますので、不足分は貯蓄を取り崩すことになります。

退職後、85歳まで生きた場合、最低1400万の貯蓄が必要になる計算です。

長生きすればするほど、その額は大きくなりますし、定年時にローンが残っている場合は、その分老後資金が減ります。

このようなことから、老後資金の目安は3000万~3500万円と言われているのです。鼻下 レーザー脱毛